白内障の手術

白内障の日帰り手術

白内障の日帰り手術当院では、白内障の日帰り手術に対応しております。手術は点眼麻酔を用いて行うので、個人差はありますが、術中の痛みはほとんどなく、10~15分程度で完了します。

現在、国内では年間約150万件近くの白内障手術が行われており、そのほとんどが日帰り手術です。院長はこれまでに2500例以上の執刀実績があり、全ての患者様に「安全で」「高品質な」治療を提供いたします。

当院では「シグネチャー」を導入しております

当院では「シグネチャー」を導入しております当院ではより安全性の高い手術を提供するために、最新鋭となる超音波白内障手術装置「Signature(シグネチャー)」を導入しております。シグネチャーは従来の白内障手術装置に比べて切開創を極小に抑えることができるので、切開創の大きさに応じて生じやすい手術後の乱視変化(惹起乱視)や感染の危険性をより軽減させると同時に、極小切開用眼内レンズへの対応も容易にしてくれます。

また、「ELLIPS FX(エリプスFX)」テクノロジーによって水晶体の破砕装置が楕円を描きながら振動するので、従来に比べて破砕範囲が広くなり、水晶体を効率良くかつ安全に処理することが可能になっております。

手術方法

白内障の手術では、濁ってしまった水晶体を人工の眼内レンズに入れ替えます。まずは茶目と白目の間を2~3mm切開します。次に水晶体を包んでいる袋(嚢)を切開して、特殊な器具を挿入し、超音波を使って水晶体を砕きます。砕いた水晶体を吸引し、眼内レンズに置き換え、手術は完了です。

眼内レンズについて

眼内レンズについて眼内レンズとは、白内障手術において、水晶体の代わりに挿入する人工の眼内レンズのことです。当院では、単焦点眼内レンズと多焦点眼内レンズの2種類をご用意しております。患者様のご要望をお伺いし、ライフスタイルに合わせた最適なレンズをご提案いたします。

単焦点眼内レンズ

単焦点眼内レンズ

一般的に白内障の手術で使われているのが、単焦点眼内レンズです。このレンズは、遠くか近くのどちらか一方に焦点を合わせることができます。もう一方に焦点を合わせるには、眼鏡が必要になります。単焦点眼内レンズは保険適応です。

多焦点眼内レンズ

多焦点眼内レンズは近くと遠くが見える遠近両用の二重焦点レンズです。老眼の方であっても多焦点眼内レンズを用いた白内障手術をにより、眼鏡なしでの生活や眼鏡の使用頻度を減らすことが可能となります。

通常保険診療で使われている眼内レンズは単焦点レンズで、ある一定の距離にのみピントが合うレンズです。そのため遠くに合わせた場合には下記のように手元はぼやけますので、眼鏡が必要となります。

一方、多焦点眼内レンズでは、眼鏡に依存しない日常生活が可能となり、老眼があった方にはQOV(quality of vision)の向上が期待されます。

多焦点眼内レンズの適応
  1. 日常生活で眼鏡をかけたくない方
  2. 75歳位までで白内障以外に眼疾患がない方
  3. 遠視、又は強い近視がある(いつもメガネの方)
  4. 屋外での活動が多い
多焦点眼内レンズが適さない方
  1. 術後も眼鏡をかけることに抵抗がない方
  2. 術後の見え方に過度の期待を持っている方
  3. 精密な近方作業を行う仕事または趣味がある方
  4. 夜間に車の運転をすることが多い方
  5. 繊細な性格の方
  6. 軽い近視の方(メガネ無しで近くが見える方)
  7. 80歳以上の高齢の方
  8. 白内障以外に眼疾患がある方

ハロー・グレアについて

多焦点眼内レンズを使った手術を行った場合、ハロー・グレアと呼ばれる症状がでることがあります。夜になると、光がにじんで見えたり(ハロー)、光がまぶしく感じる(グレア)ようになります。これらの症状は時間が経つと、自然に軽快していきます。

ハログレア現象

当院での取り扱い多焦点眼内レンズについて

白内障手術の流れ

1眼科一般検査

視力を含めた眼科一般検査を受けて頂き、手術適応か否かを判断します。

2術前検査

手術適応と判断されたら、以下のような術前検査を行います。

  • 採血検査:感染症の有無など
  • 結膜(白目)の細菌培養検査
  • 角膜内皮細胞検査:黒目の細胞の数が減っていないかの確認
  • 眼軸長測定:目の中に入れる眼内レンズの度数を決める検査(*術前検査は主に火曜・水曜の午前に行なっております。)

3手術日程調整

術前検査の結果を総合的に判定し、手術日程などを最終決定します。手術は火曜午後に行なっております。両目の手術の場合は片目を手術して1〜2週間後にもう片方の手術を行っております。なお、両目同時手術をご希望の方はご相談ください。

4術後管理

術後は眼帯を付けます。翌日に眼帯を付けたまま診察に来ていただきます。術翌日以降は目の状態により眼帯または保護メガネを装用していただきます。おおよその目安ではありますが、術後の日常生活上の注意点は以下をご参照ください。

後発白内障について

白内障は手術で完治し、それ以降再発することはありません。しかし手術を受けてから数ヶ月から数年経過した後に、再び白内障にかかったかのように視野が白くかすんで見えるようになる場合があります。

症状が似ていることから、これを後発白内障といいます。白内障手術では、水晶体を覆っている袋(水晶体嚢)の前面(前嚢)だけを除去して水晶体を吸い出し、そこに眼内レンズを挿入します。その際に眼内レンズを固定する目的で残した袋の後面(後嚢)が細胞の変性によって白く濁ってくることで発症します。

後発白内障の治療は、濁った後嚢にレーザー光線を照射して穴を開け、光がスムーズに通るようにすることで完了します。麻酔の点眼後に行うので痛みはほとんどなく、数分程度で終了する上、通常はすぐに視力が元の状態へと回復します。

なお、こうした治療を必要とするほどの後発白内障にかかる割合は、白内障手術から5年経過後で全体の10~15%といわれています。白内障手術後に見え方の異常を感じた際にはお早めに眼科を受診してください。

  • 治療前 (視力:0.01)後発白内障について

  • 治療後 (視力:1.2)後発白内障について

手術費用について

単焦点眼内レンズ 70歳未満の場合

3割負担
片眼 約50,000円
両眼 約90,000円

単焦点眼内レンズ 70歳以上の場合

3割負担 1割・2割負担 非課税世帯
44,400円 12,000円  8,000円

多焦点眼内レンズ (保険適応外)

自由診療
片眼 35万円~
両眼 70万円~

※眼内レンズの種類により金額は異なります。

Tel.048-954-8938 24時間web予約
ブログ求人情報口コミを見る口コミを書く