小児眼科

小児眼科について

当院では国家資格を持った視能訓練士が主に屈折異常、弱視の方の検査を担当し、お子様の発達やペースに合わせ検査をおこなっております。

乳幼児期のお子様の場合

乳幼児期のお子様の場合まだ意思の表示が難しい乳幼児の場合、自分の目がはっきり見えなくてもまわりにそれをうまく伝えることができません。したがって、お子様の普段の行動の中に何らかの兆しが現れていないか、保護者の方が気を付けてあげる必要があります。
目に何らかの異常がある乳幼児の場合、症状が以下のような行動として現れることがあります。

  • 目を細めるなど、ものが見えにくそうなそぶりを見せる
  • ものを横目で見たり、見る時に顔を傾ける
  • 目の前のものをつかみ損ねやすい

このような様子に気付いたり、それ以外にもお子様の目について気になることがあれば、お気軽に当院までご相談ください。お子様の年齢や月齢に適した検査を行って、必要に応じた治療を進めることで対応いたします。

幼児~小児期のお子様の場合

幼児~小児期のお子様の場合視力の発達においては幼児期から小児期が最も大切な時期で、この時期に鮮明な像を見る経験を積み重ねることが将来の正常な視力を得るためにとても重要なこととされています。ところが、この時期に近視・遠視・乱視といった屈折異常を放置して視力の発達が遅れると、メガネなどで矯正しても十分な視力を得ることができない「弱視」になってしまう場合があります。

当院ではお子様の視力の発達状況を検査によって的確に把握することが可能です。また、その結果に応じてお子様の性格や興味を考慮した視力発達のための訓練内容を立案し、それに沿って治療を進めることで対応いたします。

はやり目

はやり目はやり目はウイルス感染を原因とする結膜炎の一種で、正式には「流行性角結膜炎」といいます。

はやり目はアデノウイルスというウイルスが目の白目部分を覆う結膜に感染し、炎症を引き起こすことで発症します。このアデノウイルスは感染力が非常に強く、感染した目をこすった手やタオルなどを介して人から人へと次々に感染していきます。特に免疫力がまだ弱い小さな子どもの間で感染が広がりやすいことから、保護者の方にとっても注意が必要な病気です。

そのため、お子様がはやり目にかかったら、症状が落ち着くまで通園通学を控え、家族の間でも使うタオルを別にしたり、目を手で直接こするのは控えてティッシュペーパーで拭くようにするなどして、それ以上の感染拡大防止に努めましょう。また、夏場に多いプールでの感染拡大を防ぐため、プールにも入らないようにしましょう。

斜視

斜視物を見ようとする時に、片方が正しい方向を向いているのに、もう片方の眼が違う方向を向いてしまっている状態が斜視です。斜視には種類があります。

内斜視

  • 偽内斜視:寄り目に見えるだけで実際には斜視はなく様子見でよい
  • 調節性内斜視:遠視が原因で起こり、眼鏡による矯正を必要とする
  • 乳児内斜視:生後6か月以内にみられ、ズレが大きい場合には手術を必要とする

外斜視

斜視のなかで最も多いものが間欠性外斜視で、これは遠くを見たときやぼんやりしている時に眼が外側に外れる斜視です。経過観察で良いことが多いですが、両眼でものを見る機能が悪い場合や近くを見たときに眼が外に外れるようであれば手術が必要となることがあります。

弱視

子供の視力の発達には、感受性期があり、生まれたばかりの赤ちゃんは0.01くらいの視力しかありませんが、6歳くらいまでに通常視力は1.0以上となり視力は成熟します。この視力の感受性期に眼瞼下垂や斜視、強い屈折異常(遠視、乱視、近視)などにより、視力の発達が障害されると、弱視になることがあります。

弱視の治療は、点眼薬を用いて目のピント調節力を一時的に緩めた上で正確な度数を測定し、それに合わせてメガネを処方することから始まります。そのメガネを着用したまましばらく過ごしてみて、それでも十分な効果が得られなかった場合は、さらに視力の発達を促すための訓練が必要になることもあります。

色覚異常

色覚異常には先天性のものと後天性のものがあります。先天性のものは遺伝によるもので、日本人での頻度は男性の約5%、女性の0.2%で、1クラスに1人は色覚異常の子がいると考えられ、まれな病気ではありません。後天性のものは、遺伝性以外の原因で目や脳の病気などが原因となります。

先天性のものでは、赤と緑の区別がつきにくい先天赤緑色覚異常が多く、色の間違いやすさには個人差がありますが、弱視になることはなく、視力も正常です。検査としては図1のような石原表が広く用いられていますが、当院では色覚異常の程度判定にパネルD-15(図2)を用いて、生活上の支障や職業適性などを検査しています。

進学、就職に関しては、現在では色覚について問われることはほとんどなくなっていますが、自衛隊や警察官、消防士、航空、鉄道関係の職業では就労が制限されることがありますので、注意が必要です。運転免許は視力、視野に問題がなければ取得は可能です。

  • 図1:①色覚異常のない方
    色覚異常正常
  • 図1:②色覚異常の見え方
    色覚異常

 

図2:パネルD-15

近視進行抑制

近視進行抑制近視の進行の速さには、遺伝と環境の両方の因子が影響していると考えられます。両親とも近視の子は、両親とも近視でないに比べて、7~8倍近視になりやすいと言われています。

また環境因子については、正しい姿勢で十分な距離をとり作業をすること、晴天時に屋外で活動をすることが、近視進行を遅らせるうえで有効であると考えられています。

近視進行予防としては、低濃度アトロピン点眼液、累進屈折力レンズ(MCレンズ)などを用いた研究が行われており、一定の治療効果が報告されています。

日常生活上の注意点

  1. 長時間、近くのものを見ない
    読書やテレビゲームなどは1時間を目処にしましょう。テレビを見るときは離れて見るようにしましょう。
  2.  暗い所で作業しない
    暗所では近づけないとよく見えなくなるので、明所で作業をしましょう。
  3. 正しい姿勢で作業する
    寝転がって本を読んだりすると、だんだん近くでものを見るようなるので、座って正しい姿勢で読むようにしましょう。

低濃度アトロピン点眼

昔から検査や治療に使われている散瞳薬であるアトロピンが近視の進行を抑制するとされていました。ただ、通常のアトロピン(1%)では点眼後に長期にわたり瞳孔(ひとみ)が拡がり, ぼやけて見えてしまい、日常生活にも支障がでるため、あまり実用的ではありませんでした。

しかし、通常のアトロピンを希釈した低濃度(0.01%)のアトロピンを使用したところ、「ぼやけ」を伴うことなく、近視の進行抑制があることが報告されました。この治療は近視のある子を対象に6歳ころからの開始がすすめられており、2年間使用を継続すると、未治療の子と比べて近視の進行を約40%抑制したとされています。一日一回、就寝前に点眼し、治療を行います。

費用(保険適応外)
1回の検査・診察代 4,500円(税別)
1か月分の目薬代 1,500円(税別)

MCレンズ(近視の進行を抑える眼鏡)

MCレンズ(Myopia Control Progressive Lens)は、学童期の近視の進行を抑えるために作られたレンズで、長時間の近業作業における目への負担を軽減させることができます。

MCレンズが近視進行を抑える理由

 近視の進行を左右する環境因子は手元での作業です。通常の状態において、近距離にあるものを見る場合、目の筋肉を使ってピントを合わせようとします。

この過程は“調節”と呼ばれています。近距離を見る時に必要なこの“調節”を手助けすることで、近視の進行を抑制することが可能だと考えられています。

この方法を取り入れたものがMCレンズです。MCレンズを使用した近視進行抑制の実証研究が4年間にわたって岡山大学眼科で行われました。その結果、通常の単焦点眼鏡に加えて、MCレンズの方が15%近視の抑制に有効であったと結論付けられました。

MCレンズご使用の目安

7歳頃を目安に近視が進行し始めたら装用を開始することをおすすめします。身体の成長ととともに近視は進行しますので、7歳頃から始めて、18歳頃まではMCレンズの装用を続けましょう。

費用
費用 約2万円
Tel.048-954-8938 24時間web予約
ブログ求人情報口コミを見る口コミを書く