コンタクトレンズ・眼鏡

屈折異常(近視・遠視・乱視)について

光が網膜(眼底)にちょうど焦点を結ぶことを「正視」といいます。一方、焦点が網膜の前方に合うことを「近視」と呼び、後方に合うことを「遠視」と呼びます。近視では、近くのものは見えますが、遠くのものが見にくくなり、遠視では、近くも遠くも見にくくなりますが、特に近くのものが見にくくなります。そのため、ものをはっきり見るためには目の前にレンズ(眼鏡やコンタクトレンズなど)を置く必要があります。

乱視は、角膜や水晶体のゆがみが原因で起こるもので、目が球面ではなくラグビーボールのような楕円(だえん)形になり、焦点が1か所に集まらなくなり、ぼやける状態です。これらの屈折異常で日常生活に支障が出るようであれば、眼鏡やコンタクトレンズなどを装用する必要があります。

老眼について

老眼について老視とは、俗に「老眼」と呼ばれているもので、遠くを見たり近くを見たり、ピントを調節する力が衰えることによって起こるもので、近くのものを見ることが不自由になった状態をさします。若い人ほど調節できる幅が大きいのですが、この力は加齢とともに衰えていき、40歳代くらいから徐々に近くを見る作業の時に眼が疲れるなどの症状が出始めます。

遠視の方では、老視の症状をより早く自覚することが多いようですが、近視の方はもともと近くに焦点が合いやすいため、老視の症状を自覚しにくいと言えます。ただ近視の方でも、遠くにピントがあるような眼鏡を使用していると近くのものがぼやけるなどの症状が出現します。治療としては近用眼鏡(老眼鏡)や老視用のコンタクトレンズを使用します。また、白内障で使う多焦点眼内レンズは、老眼を改善できます。

スマホ老眼とは

スマホ老眼とは最近、20代、30代なのに手元が見にくいといった老眼のような症状に悩む方が増えています。これはスマートフォンやタブレットなどの長時間の使用による「スマホ老眼」と呼ばれる症状です。

このスマホ老眼は、加齢よる老眼と同様、眼のピント調節がスムーズにできないことにより起こります。一般的には「調節緊張」と言われる状態で、長時間近くを見続けた結果、目の筋肉が凝り固まって、ピント調節ができなくなります。ただ、加齢による老眼と異なり、若い世代にみられるスマホ老眼では症状は一時的なことが多いのが特徴です。

予防としては、40cm以上離してスマホを使用する、1時間以上継続してスマホを使用しない、スマホを使用中は意識してまばたきをする、目の周りを蒸しタオルなどで温めるなどがあります。

眼鏡・コンタクトレンズ処方について

眼鏡の場合

眼鏡の場合眼鏡をかけると近視がすすむ、視力が悪くなるのでは?と思われる方もいらっしゃるとおもいますが、特に近視の場合には、ら眼の視力が下がってきているにもかかわらず眼鏡を装用しないでいると、目を細めてものを見ててしまい目つきが悪くなってしまったり、見えないことでさらに近くでものを見るようになってしまうことがあります。小児では座席を前にしてもらっても黒板の字が見にくくなるようであれば、眼鏡の装用をおすすめします。

小児ではピント合わせの力(調節力)がとても強いため必要以上に力が入って、近視がないのに近視のように見えたり、遠視なのに近視に見えること(仮性近視)があるため、調節力を緩める目薬で力が入らないようにしてから検査をして眼鏡処方を行います。

この検査は調節力を緩める目薬を3回ほど点眼してから検査を行うため、1時間近く検査に時間がかかりますので時間に余裕をもってご来院ください。また検査後は2日ほど手元が見にくくなるため、後日テストやスポーツの試合などがあるときには検査はおすすめしません。

コンタクトレンズの場合

コンタクトレンズの場合コンタクトレンズはメガネよりも視野が広い、運動の時にズレにくい、ラーメンやそばなど温かいものを食べてもくもらないなど大変便利な医療用具ですが、眼科医の診察のもと正しい装用方法で使用する必要があります。

コンタクトレンズの装用では角膜にキズがついたり、アレルギー性結膜炎などを起こすこともあり、充血や異物感など目の症状が出たときには自分で判断せず眼科医の診察を受けて下さい。また3か月を目処に定期検査も受けるようにして下さい。

取扱いレンズ
  • ハードコンタクトレンズ・コンベンショナルソフトコンタクトレンズ(1~2年使用するもの)
    → SEED, メニコン
  • ディスポーザブルソフトコンタクトレンズ(1day, 2 weeks, 1か月交換 )
    → SEED, メニコン, クーパービジョン, アルコン, ボシュロム, ジョンソン&ジョンソン,ロート

コンタクトレンズのケアについて

コンタクトレンズのケアについて装用して1日経過したレンズには、目の分泌物に含まれるタンパク質や脂質、空気中のゴミや化粧品の成分などさまざまな汚れが付着しています。こうした汚れを放置したまま装用を続けると、レンズ表面の滑りが悪化して目の表面を傷つけたり、汚れから繁殖した細菌が傷から感染して重篤な眼疾患を引き起こす可能性があります。

そのため、同じレンズを繰り返し装用するタイプのコンタクトレンズは、原則として毎日ケアを行う必要があります。コンタクトレンズをトラブルなく使い続けていくためにも、1日の終わりには必ずメーカーの指定するケア用品を使って、メーカーの指定する正しい方法でケアしていくことが大切です。

コンタクトレンズのトラブルについて

多くの種類が登場し、扱いやすさも増したことで、コンタクトレンズ愛用者は増え続けていますが、その一方でコンタクトレンズにまつわるトラブルも増えています。当院では、コンタクトレンズの装用中に起きた以下のようなトラブルに対しても診療を行っております。

コンタクトレンズが外れなくなってしまったら

コンタクトレンズが目の表面に貼りついて外せなくなったら、そのまま無理やり外そうとすると目を傷つける可能性があるので注意が必要です。そこで、レンズの上からでも点眼できる目薬で目を潤した後に余分な水分を拭き取ることで外しやすくなる場合があります。

また、目薬がない場合は、目をしばらく閉じて涙の分泌を促すことで潤すことも可能です。この方法で外れなければ、水を張った洗面器に顔を浸して、レンズが外れない方の目を水の中でまばたきさせると外れる場合があります。これらの方法を試しても外れない場合、それ以上は無理をせずに眼科を受診しましょう。

コンタクトレンズが目の中で見つからなくなってしまったら

まずは鏡を見ながら目をゆっくりと上下左右に動かして、目の表面のどこかにあるはずのコンタクトレンズを探しましょう。場合によっては白目の上やまぶたの縁などまでずれている場合もありますが、少なくともレンズが目の内部や裏側に入り込んでしまうようなことはないので、慌てる必要はありません。また、レンズが見当たらなくても普段通りにはっきりとものが見えているようなら、まだ黒目の上にある可能性も考えられます。

それでも見つからなければ、目からレンズを落とした可能性を考えなければなりません。なお、落としたはずのレンズがどこにも見つからなかった場合は、目の中にレンズが残っている可能性を考えて、念のために眼科の受診をおすすめします。

カラーコンタクトレンズによるトラブル

手軽なファッションアイテムとして若い世代の女性を中心に人気を博しているカラーコンタクトレンズ(カラコン)ですが、その一方で店頭やインターネットで簡単に購入できることから多くのトラブルも引き起こしています。その原因の一つに、カラコンの多くが酸素透過性の低い素材で作られていることが挙げられます。それにより、角膜が十分な酸素を確保できなくなって傷つき、場合によっては目に重篤な影響をおよぼす原因になる可能性があります。

また、眼科を受診することなく購入できるので、眼科での指導など正しい方法を学ぶ機会のないまま装用しているケースが多いこともまた、目に重篤な影響をおよぼす原因になる可能性があります。カラコンの使用をお考えの方は、その前に眼科医の判断を受けてから購入するようにしましょう。

初めてのコンタクトレンズ購入の流れ

1目の各種検査

視力検査や屈折検査などを行って、視力や近視・遠視・乱視の状態、目の表面の形状を測定するとともに、目の健康状態を確認します。

2レンズの種類選択

検査後、医師の診察にて患者様の目の状態を確認させていただき、その結果や患者様のライフスタイルをもとに最適な種類のレンズを選択していきます。コンタクトレンズの代表的な種類には、ハード、ソフト、使い捨てソフト(1日、2週間、1か月など)、乱視用、遠近両用などがあります。また、選択にあたってはコンタクトレンズの使用頻度、スポーツ中の装用の有無、普段のアレルギーや目の乾燥感の有無、レンズの価格等も考慮いたします。

3コンタクトレンズを装用しての検査

選択したコンタクトレンズを装用して矯正後の視力を測定するとともに、両目で見た時の近視や遠視の状態、左右のバランスなどを確認して、レンズの度数を決定します。

4レンズのフィッティング確認

選択したコンタクトレンズを装用した状態で再度医師の診察を受けて、まばたきした時のレンズの動きやレンズが落ち着く位置などを確認し、レンズが目の表面の形状にフィットしているかを調べます。問題が見つからなければ、この日の検査と診察は終了となります。

5その他

初めてコンタクトレンズを購入する方は、以下の点をご留意の上でお越しください。

  • コンタクトレンズ未経験の方の場合、ここまでの流れで約1~2時間を要します。また、その他に装用の練習や正しいケア方法などのご説明も行いますので、当日は時間に余裕をもってお越しください。
  • 普段お使いのメガネをご持参ください。メガネをお使いではない場合、コンタクトレンズの前にメガネを処方させていただくこともあります。
  • 既にお使いのコンタクトレンズをお持ちの場合、そのレンズのデータが記載された箱などのパッケージをご持参いただくと、よりスムーズな処方が可能です。レンズのデータは通常「BC 9.0 PWR −2.50 DIA 14.20」などのような形で記載されています。
  • データ不明のコンタクトレンズを装用してお越しになると、いったん外した後で検査を行うまでに時間を要する場合がありますので、そのようなケースではコンタクトレンズではなくメガネをかけてお越しください。
Tel.048-954-8938 24時間web予約
ブログ求人情報口コミを見る口コミを書く