まぶたの病気

ものもらい

まぶたのできものは良性のものと悪性のものに分かれます。良性のものにはものもらいや脂漏性角化症(いぼ)や母斑(ほくろ)などがあります。ものもらいには細菌感染が原因でまぶたが腫れる麦粒腫(ばくりゅうしゅ)とまぶたの中に脂肪がたまり、まぶたにしこりを触れる霰粒腫(さんりゅうしゅ)があります。

麦粒腫は抗生剤の点眼や眼軟膏、内服薬を使用すると1週間程度で症状は改善します。腫れが強く、膿がみられるときには針で穿刺して排膿することがあります。

一方、霰粒腫でみられるまぶたのしこりに対しては抗生剤の点眼や軟膏は効きません。治療は切開し溜まった脂肪を摘出する必要があります。ただ手術を希望されない場合や小児ではステロイドの点眼や眼軟膏で治療します。

ものもらいのようにまぶたのできものの多くは良性ですが、なかには悪性の、いわゆる“がん”もあり注意が必要です。中高年で“なかなか治らないものもらい”がある方は眼科医の診察を受けるようにしてください。

眼瞼痙攣

目を閉じる筋肉である眼輪筋の過度の緊張により不随意な(意図しない)閉瞼を生じる病気で、40歳以上の女性に多くみられます。また、約50%の方で抗不安薬や睡眠導入薬の服用歴があると言われています。

症状としては、まばたきが多い、目の異物感、不快感、いたみなど症状がみられ、ドライアイとして治療されているケースもあります。

ボトックス療法

眼瞼痙攣に対しては、ボトックス注射を行っております。これはA型ボツリヌス毒素という成分を、痙攣している筋肉に注射することで、神経の働きを抑制し、緊張している筋肉を緩めます。効果には個人差がありますが、注射後2~5日ほど効果が現れ始め、大体2~4か月ほど持続します。効果が切れ、症状が再び出てくるようでしたら、再度注射を行います。

眼瞼下垂

眼瞼下垂とは、まぶたを持ち上げる眼瞼挙筋という筋肉が衰えることで、目が開きにくくなった状態です。そのため眼瞼下垂の方は、顎を上げたり、眉毛を上げてみることが多く、肩こりや頭痛を起こしたり、おでこのしわが多くなったりと、外見上に影響を受けてしまいます。加齢のほか、ハードコンタクトレンズの長期装用が原因のことが多く、まぶたが被さり、見にくい場合には手術をおすすめしています。

眼瞼下垂

眼瞼下垂の原因

眼瞼下垂の原因は大きく3つに分類されます。

先天性

生まれつき、眼瞼挙筋に異常があることが原因で、片目だけ眼瞼下垂になっていることが多いです。乳児の頃に、治療することも可能ですが、視覚・視野に影響がないようでしたら、急いで手術する必要もありません。しかし、斜視や弱視の原因になることもありますので、医師に相談することをお勧めします。

後天性

後天性眼瞼下垂の原因は様々で、加齢による筋肉の緩み、顔面部への外傷、長期間のハードコンタクトレンズの着用、スマートフォン・PCの長時間利用、花粉症などのアレルギーで目をこすりすぎるなどの要因が挙げられます。

偽眼瞼下垂

眼瞼下垂を発症していないにも関わらず、眼瞼痙攣や眉毛下垂、眼瞼皮膚弛緩の影響で、眼瞼下垂のような見た目になってしまった状態を偽眼瞼下垂と言います。この偽眼瞼下垂の場合、眼瞼挙筋に異常はありませんが、皮膚のたるみにより、眼が開きにくい状態になっています。

眼瞼下垂の手術

手術はまぶたを挙げる筋肉(腱膜)を縫い縮めることにより、下がったまぶたを挙げる手術を行いますが、皮膚が余っていれば、同時に切除することがあります。手術は30〜45分程度となります。

術後について

術後は1〜2週間はまぶたが腫れます。また術後は必ず二重瞼ふたえまぶたになります。二重瞼の幅に関しては、ある程度、考慮できますが、皮膚の緊張状態や弛緩の程度によっては、考慮できない場合もあります。

術後翌日までは眼帯をして頂きますが、約1週間で抜糸を行います。術後定期的に経過をみます。まれに術後、ドライアイが顕在化することがありますが、この場合、ドライアイ用の目薬で様子をみます。また、長期的にみて、効果が減弱する場合があります。その場合にはもう一度手術します。

眼瞼内反(逆さまつ毛)

眼瞼内反とは、いわゆる「逆さまつ毛」のことで、まつ毛が眼の表面に当たってチクチクしたり、涙が出たりします。ひどい場合には、視力障害を生じることもあります。

眼瞼内反(逆さまつ毛)

眼瞼内反の原因

加齢によりまぶたを下に引っ張る腱膜や目の周りの筋肉(眼輪筋)が緩み、まぶたの前葉(皮膚に近い側)と後葉(眼球に近い側)のバランスが崩れることが原因です。また、外傷や結膜疾患、甲状腺疾患が原因で発症することもあります。

お子様の逆さまつげについて

お子様の中には、生まれつき内反症になっている場合もあります。(先天性内反症)

通常は成長に伴い、自然に改善することが多いため、ほとんどの場合、経過観察となります。しかし、学童期になっても充血やめやになどの症状が改善されなかったり、まつげが当たることで黒目が濁ったりする場合には手術が必要となることもあります。

眼瞼内反の手術

まぶたのまつ毛の生え際辺りの皮膚を横に切開し、緩んだ膜を縫い縮めたり、まつ毛の生えている方向を変えるような縫合を加える手術で治療します。切開した皮膚は糸で縫合します。手術時間は30分程度です。

術後について

術後は1~2週間はまぶたが腫れます。術後1週間を目処に抜糸を行います。術後にまれではありますが、再発することがあります。その場合にはもう一度手術を行います。

Tel.048-954-8938 24時間web予約
ブログ求人情報口コミを見る口コミを書く