結膜の病気

結膜炎

結膜炎は白目の一番表面にある透明な膜である結膜に炎症を起こす病気で、めやにや充血がみられます。細菌やウイルスが原因の感染性結膜炎とアレルギーなどによる非感染性結膜炎があります。

感染性結膜炎

感染性結膜炎では、めやに、涙、異物感、充血などの症状が現れ、以下のような種類の結膜炎が存在します。

細菌性結膜炎

原因菌はインフルエンザ菌や肺炎球菌、黄色ブドウ球菌などで、感染力はそれほど強くはありませんが、抗菌の点眼薬による治療が基本となります。

ウイルス性結膜炎

ウイルス性結膜炎一般的に「はやり目」と言われているもので、原因の主なものはアデノウイルスです。アデノウイルスは感染力が非常に強く、人から人へと感染するので、注意が必要です。

アデノウイルスに対する有効な薬剤はありませんが、抗炎症点眼薬や細菌による混合感染を予防する目的で抗菌点眼薬が使用される場合もあります。

注意点

  • 手をこまめに洗いましょう
  • めやにや涙はタオルやハンカチではなく、ティッシュで拭き取るようにしましょう
  • 小、中学生は眼科医の指示に従い、登校を控えるなど感染の拡大予防に努めましょう
  • 経過中に黒目(角膜)の表面に小さな点状の濁りが出てくることがありますので、自覚症状がなくなったからといって治療を自己中断しないようにしてください
クラミジア結膜炎

ウイルス性結膜炎

昔「トラコーマ」と呼ばれていたもので、クラミジアトラコマティスが原因の感染症で、白目(結膜)だけではなく黒目(角膜)にも炎症が起き、進行すると視力に影響を及ぼします。

性交渉で感染したり、母親からの産道感染で子供に結膜炎が発症することもあります。クラミジアに有効な抗生物質の点眼、軟膏、内服などにより治療できますが、数か月ぐらい治療が必要となります。感染予防のために、性交渉のパートナーも検査が必要となります。

アレルギー性結膜炎

アレルギー性結膜炎最近増えているアレルギー性結膜炎、アレルギー性鼻炎、気管支喘息などのアレルギー性疾患ですが、日本では約30%の方が罹(かか)っていると言われています。

アレルギーを引き起こす原因物質(アレルゲン)として、季節性のものとしてはスギなどの花粉がよく知られていますが、家の中のホコリやダニなど「ハウスダスト」は花粉と違い一年を通して症状を引き起こすことがあります。

またコンタクトレンズの汚れが原因でアレルギー症状を起こすことがあり、下記のようなアレルギー性結膜炎が見られることもありますので、定期的な眼の検診は受けるようにしてください。

治療について

治療は点眼薬による薬物療法が基本となります。抗アレルギー点眼薬としては出たかゆみを抑える抗ヒスタミン薬とこれから出てくるかゆみを抑えるケミカルメディエータ遊離抑制薬の2種類の点眼薬があります。

また、かゆみが強い時にはステロイド点眼薬や免疫抑制点眼薬などを使用する場合があります。花粉による季節性アレルギー性結膜炎では、花粉が飛散する前にケミカルメディエータ遊離抑制薬を使用することにより、花粉飛散時のアレルギー症状を抑えることができます。

日常生活の注意点

花粉対策

  • 外出時は花粉症用メガネ、マスク、帽子を着用する
  • 帰宅の際、部屋に入る前に服や髪に付いた花粉を払い落とす
  • 帰宅したら、手洗い、うがい、洗顔を行う

ハウスダスト対策

  • 掃除機でこまめに掃除をする
  • ホコリが溜まりやすい場所は、濡れ雑巾などで拭く
  • たたみやじゅうたん、ソファーなどはダニが繁殖しやすいため、こまめに掃除をする、または床はフローリングにする
  • 布団は天日干しをして、掃除機をかける

結膜下出血

結膜下出血目が赤くなる病気に結膜下出血があります。せきやくしゃみ、過度の飲酒などで起こることがありますが、原因がはっきりしないことがほとんどです。

見た目は真っ赤で派手ですが、1~2週間で元に戻ります。ただ血をサラサラにするお薬を飲んでいる方は1か月程度かかることもあります。蒸しタオルなどで温めると早く吸収すると言われています。

結膜弛緩症

結膜弛緩(しかん)症は白目(結膜)が緩(ゆる)んでシワになり、まばたきにより擦れることで目の違和感や流涙が起こります。

また、ゆるんだ白目により下まぶたと目の表面の溝が浅くなることで涙が溜まりにくくなり、ドライアイと似たような症状がみられることもあります。これらの症状は特に起床後にみられることが多いです。

治療法

治療法

目の表面を保護する目薬や炎症を抑える目薬を使いますが、改善がみられない場合には、白目のしわを取る手術を行います。

翼状片

結膜(しろめ)の組織が角膜(くろめ)に向かって侵入する病気です。翼状片の大きさが大きくなって中心部にかかってしまうと視力が下がったり、乱視の原因となります。また、充血の原因にもなります。

術後

手術方法

手術では翼状片を切除し、その欠損部を他の部位から持ってきた健常な結膜で覆い、糸で縫合します。

術後

術後1週間を目処に抜糸を行いますが、抜糸までは目がゴロゴロし、めやにが出ることがあります。

Tel.048-954-8938 24時間web予約
ブログ求人情報口コミを見る口コミを書く