ブログ

2021.04.18

三郷市新型コロナウイルスワクチン接種事業 運営訓練参加

2021.4.18(日)に三郷市勤労者体育館で開催された三郷市新型コロナウイルスワクチン接種事業の運営訓練に参加しました。流れとしては、①会場外受付(体温測定)②会場内受付(予約表、本人確認)③予診票記入、確認(事前に記入し当日持参がbest、不備があると時間がかかるので注意が必要)④予診待機⑤予診室(医師による問診)⑥接種室(接種に同意した方に看護師がワクチンを接種)⑦接種済証交付⑧状態観察場所(接種後15〜30分間、健康状態に異常がないか確認、看護師が待機、救護室も完備)⑨次回予約場所(2回目の接種の予約)⑩退場(入口と出口を別々にして一方通行の動線を確保)となります。動線はまだ改善点もありますが、全体的な流れが把握できたので、これからのワクチン接種事業にも前向きに協力していこうと思っています。

2021.04.09

5/19(水曜)は●午前11:00で受付終了●となります

2021.5.19(水曜)は院長が新型コロナウイルス感染症に関する医療従事者向けワクチン接種事業に参加のため、診療受付時間は午前11時までとさせて頂きます。ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願い致します。

2021.04.05

開院5周年のご挨拶

2021年4月5日に開院5周年を無事に迎えることができました。これもひとえにご来院して頂いている地域の皆様のご支援、ご協力の賜物と思い、深く感謝しております。

コロナ禍も1年以上が経ち、第4波の懸念もされる中、当院ではクリニックのコロナ対策としてスタッフの1日2回の検温、マスクの着用、アルコール消毒、診察時の手袋着用、定期的な室内換気、紫外線空気洗浄機設置などをおこなっております。また患者様には来院時のマスクの着用や手指のアルコール消毒、検温にご協力頂き、誠にありがとうございます。

診察予約に関しましては、5月以降のネット予約の休止で大変なご迷惑をおかけしておりますが、患者様の病状に合わせて待ち時間を考え、窓口やお電話での診察予約を行い、また新たなスタッフを募集し、患者様の待ち時間が長くならないよう対策をおこなって参りますので、何卒ご理解頂けますようお願い致します。

今後も安心しておかかり頂けるようスタッフ一同精進してまいりますので、引き続き三郷中央きむら眼科を何卒よろしくお願い致します。

 

 

 

2021.03.11

空気清浄機を設置しました

待合室と検査室に空気清浄機を設置しました。マスクの着用と器械のアルコール消毒、定期的な換気も引き続きおこなってまいります。

 

2021.01.02

新年のご挨拶

明けましておめでとうございます。

新年は1月5日火曜日より診療を開始いたします。

本年も地域の皆様のお役に立てるようスタッフ一同頑張ってまいりますので、よろしくお願いいたします。

 

2020.09.25

スポットビジョンスクリーナーを導入しました

スポットビジョンスクリーナーは生後6か月以降の幼児から大人まで、近視、遠視、乱視などの屈折異常を正確に検査することができます。この器械では離れた位置からの検査*が可能で、従来のように器械に顔を乗せたり、器械を顔に近づけて検査をすることが不要となるため、乳幼児や車椅子などで移動に制限がある方にもご負担なく検査を行うことができます。

  • * 約1m程度の離れた位置から画面中心を見て頂くと数秒で検査は終了します.
2020.08.03

白内障手術機器(アルコン社CENTURION®)を新しく導入しました

2020年8月3日に白内障手術中の眼内圧変動を減少させるシステムを器械本体と眼内に挿入するハンドピースに搭載したアルコン社のCENTURION VISION SYSTEM®, CENTURION ACTIVE SENTURY®を導入しました。この白内障手術器械により手術中の圧迫感や術中合併症のリスクを軽減することができます。

<白内障手術器械本体 CENTURION VISION SYSTEM®

 

<ハンドピース CENTURION ACTIVE SENTURY®

2020.01.01

新年のご挨拶

新年あけましておめでとうございます。本日元旦に当院の氏神さまである八潮の木曽根氷川神社に初詣に行って参りました。旧年中はご来院された方よりお褒めのお言葉だけでなく、お叱りのお言葉も頂き、色々とご迷惑をおかけしました。今後も皆様に最良の医療が提供できますよう私をはじめ、スタッフ一同精進して参ります。本年もどうぞよろしくお願い致します。

       <木曽根氷川神社>

2019.11.10

近視研究会学術集会

2019.11.9(土)に慶應義塾大学三田キャンパスで開催された第4回近視研究会学術集会に参加しました。

急増している近視の対策として、シンガポールや中国では国家レベルで対策が行われており、1日2時間の屋外活動の啓発が行われています。日本では日照時間の短い東北、北海道では裸眼視力不良の子の割合が多く、同じ華僑の方のデータでも屋外活動時間が短いシンガポールの小児で、屋外活動が長いシドニー(オーストラリア)の小児よりも近視の割合が高いことが報告されています。今後、虫歯予防や肥満予防のように近視予防もポピュラーになってくると思われます。

 

 

2019.10.16

待合室のイスをリニューアルしました

多くの方がお座り頂けるよう待合室のイスを新調し、レイアウトを変えました。長らくご迷惑をおかけしました。

1 2 3 4
Tel.048-954-8938 24時間web予約
ブログ求人情報口コミを見る口コミを書く