新着情報

2018.07.13

角膜形状解析装置を導入しました

角膜形状解析装置(トーメー社 TMS-5)を導入致しました。TMS-5により角膜のゆがみ(乱視)の状態を短時間で詳細に検査することができます。円錐角膜の診断、コンタクトレンズ処方、高度乱視を伴う白内障眼の術前後の検査で使用できるほか、レーシック後の白内障手術での眼内レンズの度数計算を正確に測定することができます。また7月から導入するオルソケラトロジー(ナイトレンズ)の適応決定、装用開始後の角膜形状の評価などでも使用を予定しております。

 

 

Tel.048-954-8938 24時間web予約
ブログ求人情報口コミを見る口コミを書く